田舎暮らしは賃貸で、古民家の賃貸で、山林・竹林の賃貸で、格安物件の賃貸で

「スポンサードリンク」

 

 

 

 

田舎暮らし 賃貸

田舎暮らし 賃貸・・・田舎暮らしは賃貸に限る

田舎暮らし 賃貸 格安

田舎暮らしは賃貸が安全格安大人気

田舎で土地を売却している自分にとっては、田舎暮らし賃貸が安全格安大人気とは言いにくいが、原発再稼動に向かっている今の日本では、田舎暮らし賃貸が安全格安大人気と言わざるを得ない。
原発事故を想定するなら、事故を起こした原発の100キロ圏外へ田舎の賃貸の住まいからすぐ逃げ出す事が最も重要だから。
もっとも、100キロ圏内に原発が無い場合には田舎の賃貸の住まいからすぐ逃げ出す必要は無いと思うけど、ちょっとした良い田舎暮らし格安物件などは、ほとんど100キロ圏内に原発が存在している。

2014年2月25日火曜日

田舎暮らしを賃貸でと言えば景気に差し障るか

古民家賃貸の田舎暮らしの方が経済波及効果絶大

田舎暮らし目的の古民家の売買が成約するのと、田舎暮らし目的の古民家賃貸契約がまとまった場合の経済効果は、はたしてどちらが大きいでしょうか。
結論は、田舎暮らし目的の古民家賃貸契約がまとまった場合の経済効果です。
例えば、田舎暮らし目的の古民家の売買が成約した場合を考えてみましょう。
今時、土地付き古民家を購入して、次に車を購入したり、購入した古民家をリフォームしたり出来る余裕のある人は少ないと思います。
恐らく、当分は古民家の住宅ローンの支払いだけで目一杯の日々が続き、古民家の所在地に落とすお金と言えば、古民家の固定資産税や毎日の食材費ぐらいでしょう。
古民家の売主といえば、おそらく空家で不要の住まいとなった古民家を売るのでしょうから、現住所は地元以外でけっこうゆとりのある人だと思います。その古民家が売れたからと言って、新たに支払うものと言えば、国税の譲渡所得税ぐらいで、純然たる地元へ落とすお金はゼロかも知れません。
ところが、古民家を賃貸で借りた人は、購入と違い大金を支払っていないので、田舎暮らしの必需品の新車を購入してみたり、週に1~2回は地元のレストランで家族連れで食事をしたり、古民家周囲の草取りや庭木の手入れは、地元のシルバーセンターへ頼んだりで、何かにつけ地元へお金を落としてくれます。
こういった具合で、絶対的に古民家賃貸の田舎暮らしの方が、地元にとっては経済波及効果絶大なのです。


田舎暮らしは賃貸に限る

新築一戸建ての分譲住宅団地の賃貸物件で田舎暮らし

田舎暮らしを賃貸でする色んな理由

賃貸の田舎暮らしなら身軽に移転出来る

田舎暮らし 賃貸 My Twitter 傑作集(1)

田舎暮らし古民家賃貸物件の雨漏り補修は大家さんに丸投げ

賃貸住宅の田舎暮らしは気楽なのか

田舎暮らしが出来る賃貸物件は古民家だけでない

田舎暮らしは賃貸で始まり賃貸で終わる

いい加減な暮らしなら賃貸でしよう

田舎暮らしは古民家等の賃貸で気楽に

新築した田舎暮らし物件から逃出すこともある

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

田舎暮らし

賃貸

古民家など補修を始めたらきりがない。
その点、賃貸だと隙間風を止めるぐらいの補修で済ませられる。
田舎暮らしは断然賃貸がおすすめ。
田舎暮らし物件を賃貸するか、田舎暮らし物件を購入するかで迷ったら、断然田舎暮らしは賃貸にするべきだ。田舎暮らしを賃貸にして良かったと思う時が必ず来る。逆に言えば、田舎暮らしを賃貸にしなかったばかりに失敗したと思う時も必ず来る。田舎暮らしを賃貸でという考えは、田舎暮らしは一種の旅の過程という考えから来ている。田舎暮らしを賃貸で転々としても、田舎に永住している事になる。身軽な田舎暮らしをしたいなら賃貸に限る