田舎暮らしは賃貸で、古民家の賃貸で、山林・竹林の賃貸で、格安物件の賃貸で

 

 

 

 

田舎暮らし 賃貸

田舎暮らし 賃貸・・・田舎暮らしは賃貸に限る

田舎暮らし 賃貸 格安

田舎暮らしは賃貸が安全格安大人気

田舎で土地を売却している自分にとっては、田舎暮らし賃貸が安全格安大人気とは言いにくいが、原発再稼動に向かっている今の日本では、田舎暮らし賃貸が安全格安大人気と言わざるを得ない。
原発事故を想定するなら、事故を起こした原発の100キロ圏外へ田舎の賃貸の住まいからすぐ逃げ出す事が最も重要だから。
もっとも、100キロ圏内に原発が無い場合には田舎の賃貸の住まいからすぐ逃げ出す必要は無いと思うけど、ちょっとした良い田舎暮らし格安物件などは、ほとんど100キロ圏内に原発が存在している。

月曜日

昔、古民家を3000円で賃貸で借りて田舎暮らしをしていた.。そういう格安物件を探そう。

古民家のオーナーだって、空家でほっとくより賃貸で誰かに住んでもらいたいはず

かなり田舎の古民家の固定資産税を推測すると、せいぜい土地込みで3~5万円程度だと思う。
その固定資産税が格安の古民家へ入居してもらって、尚且つ毎月3000円も家賃をもらえるのだから、古民家のオーナーとしては申し分ない。
田舎暮らし格安物件とはこういう格安家賃の古民家などを言うのであって、家賃が数万円もする古民家の賃貸物件などは田舎暮らし格安物件とは言えない。
30年前のバブルの頃から、公庫の賃貸アパート融資の資金を借りて、日本中の田舎でアパート経営なるものが始まり、都会の不動産投資家が都会の家賃と大差ない家賃で、田舎でアパート経営をするブームが数年続いた。
その影響もあり、田舎の古民家の家賃も、一気に10倍程度に跳ね上がり、田舎暮らし希望の若者が全く田舎に寄り付かなくなった。
もうそろそろ、田舎の古民家賃貸などの家賃は、昭和のバブル期前の数千円という価格に戻した方が良いのではと、常々思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

田舎暮らし

賃貸

古民家など補修を始めたらきりがない。
その点、賃貸だと隙間風を止めるぐらいの補修で済ませられる。
田舎暮らしは断然賃貸がおすすめ。
田舎暮らし物件を賃貸するか、田舎暮らし物件を購入するかで迷ったら、断然田舎暮らしは賃貸にするべきだ。田舎暮らしを賃貸にして良かったと思う時が必ず来る。逆に言えば、田舎暮らしを賃貸にしなかったばかりに失敗したと思う時も必ず来る。田舎暮らしを賃貸でという考えは、田舎暮らしは一種の旅の過程という考えから来ている。田舎暮らしを賃貸で転々としても、田舎に永住している事になる。身軽な田舎暮らしをしたいなら賃貸に限る