田舎暮らしは賃貸で、古民家の賃貸で、山林・竹林の賃貸で、格安物件の賃貸で

 

 

 

 

田舎暮らし 賃貸

田舎暮らし 賃貸・・・田舎暮らしは賃貸に限る

田舎暮らし 賃貸 格安

田舎暮らしは賃貸が安全格安大人気

田舎で土地を売却している自分にとっては、田舎暮らし賃貸が安全格安大人気とは言いにくいが、原発再稼動に向かっている今の日本では、田舎暮らし賃貸が安全格安大人気と言わざるを得ない。
原発事故を想定するなら、事故を起こした原発の100キロ圏外へ田舎の賃貸の住まいからすぐ逃げ出す事が最も重要だから。
もっとも、100キロ圏内に原発が無い場合には田舎の賃貸の住まいからすぐ逃げ出す必要は無いと思うけど、ちょっとした良い田舎暮らし格安物件などは、ほとんど100キロ圏内に原発が存在している。

火曜日

田舎暮らし物件を賃貸で借りるコツ

田舎暮らし物件を賃貸で借りる時の注意点

田舎暮らし物件の賃貸生活で2年が経過すると、毎回頭の痛い問題が発生する
格安家賃の借家だったので、2年間は快適な田舎暮らしをエンジョイで来たのだが、2年目が近づくに連れ頭が痛くなってくる
3回目の2年が経過した当日、その賃貸物件の不動産仲介業者に呼び出されたので、思い切って「家賃の更新料が支払えないので直接大家さんと更新契約をやりたいんだけど」とのたまわせていただいた
意外や意外、さすが普段から不動産の仕事で儲けている大不動産屋さんのお答えは・・・「いいですよ」
このワイルドな発想は、とことんお金に困ったから出てきたもので、冷静に考えてみれば、その賃貸物件の最初の賃貸借契約時に交渉しておくべきだった
「賃貸借契約は冷静に・・・」・・・これが田舎暮らし物件を賃貸で借りる時のコツであり注意点と言える

0 件のコメント:

コメントを投稿

田舎暮らし

賃貸

古民家など補修を始めたらきりがない。
その点、賃貸だと隙間風を止めるぐらいの補修で済ませられる。
田舎暮らしは断然賃貸がおすすめ。
田舎暮らし物件を賃貸するか、田舎暮らし物件を購入するかで迷ったら、断然田舎暮らしは賃貸にするべきだ。田舎暮らしを賃貸にして良かったと思う時が必ず来る。逆に言えば、田舎暮らしを賃貸にしなかったばかりに失敗したと思う時も必ず来る。田舎暮らしを賃貸でという考えは、田舎暮らしは一種の旅の過程という考えから来ている。田舎暮らしを賃貸で転々としても、田舎に永住している事になる。身軽な田舎暮らしをしたいなら賃貸に限る